不動産や預貯金.株券.債券があれは相続といった問題にもなります。

生前整理を行うので有れば、遺族に何を残すのか決めて書いていた方がトラブルになりません

それを書いて残した物が遺言書ですが、特に弁護士や行政書士などに依頼しなくても自分で書けば大丈夫です。

実際に遺言書を書くのには.どれぐらい資産があるのかまとめておくないといけません。その為にも生前整理が有ります。

計画をたて、親族への分配を決めることになるんですが、人間の気持ちというのは何かあれば簡単に心変わりや心境の変化などもあります。

そういった場合には何度でも遺言書を作り直せばいいんです。遺族がどれだけ尽くしてくれたか勤務表定見たいな物です最後に書いた

物が遺言書が有効という事になりますので、何度でも勤務表定は.書き換えできます。(遺言書)

遺書くにあたって大事なことは、まず、誰でも読みやすい字で書くということです

字の上手い下手は関係ありませんが

記入した日付と年月日は.必ず必要になります

不用品物の処分はご相談ください

便利屋大阪ライフサービス

06-6936-8877